PowerPointでスライドを縦向きに


PowerPointのスライドは、プロジェクタやモニタに表示することが前提のため、基本的に横向きになります。

縦長の表や写真などを入れたい場合は、スライドの向きを縦にすることもできます。

スライドの向きを縦にする

PowerPointのスライドを縦向きにする方法はこちらです。※全てのスライドが縦になります。

PowerPoint2013の場合

  • 「デザイン」→「ページ設定」で、「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリック、「印刷の向き」「スライド」を”縦”を選択

PowerPointのスライド番号

PowerPoint2007、2010の場合

  • メニューの「デザイン」→「ページ設定」で、「スライドの向き」を”縦”にする

なお、前述のとおりこの設定では全てのスライドが縦になります。もし縦と横のスライドを1つのプレゼンテーション資料にしたい場合は、縦と横でそれぞれPowerPointのファイルを作成し、ハイパーリンクでつなぐかたちになります。

関連記事

PowerPointで重要!キレイな配置
PowerPointでまっすぐ線を引く
きれいなプレゼン資料を作る(1)
きれいなプレゼン資料を作る(2)

>>経営者の方限定!気軽に聞けるパーソナルITトレーニング
>>初心者でもすっきり学べるパソコン研修。品川区大崎で実施中
>> 品川区のパソコンサポートHBS|事務所のパソコン設定をお手伝いします

アップナレッジ