Excelで使うべきフォント?


-社内研修に最適のExcel講座!

Excel講座

-マンツーマンでExcelを学ぶ!

初回60分無料!完全予約制のパソコン個別講習です。
パーソナルITトレーナー|マンツーマンだから何でも気軽に聞けます
>>詳しくはこちら


Excelの見た目をよくする

少し前から、書店で「プロフェッショナルのExcel」とか「外資系のExcel術」といったようなExcel本をよく見かけるようになりました。

内容としては、作業スピードを上げるためのテクニックや、統計で使うようなちょっと難しい関数、グラフ作成のポイントなどが並んでいます。そして、それらと合わせてよく挙げられているのが「資料の見た目をよくする」というものです。

たしかに「見やすい=伝わりやすい」とも言えますし、それが社内で使うものでも、きれいにまとまっているに越したことはないでしょう。

それらの本で、見た目についてどんなことが書かれているのかというと……

  • 数字やアルファベットは”Arial”、日本語は”MS Pゴシック”を使いましょう
  • 罫線は、縦の線を無くしましょう
  • 塗りつぶしをするときは薄い色を使いましょう

などです。

他にも、本(というか著者)によっては「計算結果の部分は青文字に」とか「百分率の部分は斜体で」など、いろいろコダワリもあるようですが、こういった点については特に正解があるわけではありません。ただ、社内でルールを決めて統一しておくのはよいかと思います。

いずれもちょっとしたことですが、上記で挙げたいくつかは、相手が見やすい資料を作るためのポイントとして押さえておくとよいかもしれません。

関連記事

Excelで1行おきに罫線を引くには?
Excelで空白行をまとめて削除したい
Mac版Excelでセルの編集をするとき

>>パーソナルITトレーナー|マンツーマンだから何でも気軽に聞けます
>> 品川区のパソコンサポートHBS|事務所のパソコン設定をお手伝いします

アップナレッジ