Excelの基礎とは?〜まずはここから〜


Excelの基礎ってなに?

Excelの基礎とは何でしょうか。

まずはじめに、Excelは「表計算ソフト」です。
たとえばセルに数値を入力していき、それらの合計を表示させる、といったことができます。
Excelは計算する機能をもっているため、入力した数値に応じて合計を表示します。

ということは、どういうことかというと、

「セルに入力されている数値を変えると、合計も変わる」

ということです。

当たり前だと言われるかもしれませんが、実はこれがExcelの基本的な考え方であり、Excelの基礎なのです。

あえてややこしい言い方をすると「セル参照」です。
このセル参照という考え方がExcelのベースにあるのです。

この基本的な考え方は、関数でもグラフでもピボットテーブルでも全部同じです。

ですので、これが分かっていないとExcelをきちんと使えていない、ということになります。

「セルを参照する」ということ

説明のために一例を挙げます。

例)A1セルに入っている金額の消費税を計算したいときに、A2セルに”=A1*8%” と入力する

この例では、数式の中に数字(8%)をそのまま入力しています。
もちろん計算自体は問題なくできますが、Excelの基礎から言うと誤った使い方です。

このケースでは、たとえばB1セルに”8%”と入力して、”=A1*B1” とするのが基本です。
つまり「B1セルを参照する」のです。

なぜ?なんだかめんどくさい気もします。

でも、消費税が10%に変わったらどうなるでしょう。

数式の入力されたセルが1つだけならいいですが、いろんなところで”8%”とベタ打ちしてあったら
ひとつずつ直すことになります。
でも、それぞれの数式がB1セルを参照しているのであれば、B1セルを直すだけです。

「セルに入力されている数値を変えると、合計も変わる」というのはそういうことです。

Excelをしっかり使うことができます

この基本的な考え方をきちんと理解していれば、作業用のセルを使ったり、表をメンテナンスしやすいかたちで作ることができるようになります。

もちろん、関数を覚えるときにもこの「参照」という考え方が必要です。
Excelの最も重要なポイントである「絶対参照」「相対参照」にもつながります。

ですので、ここを基礎としてきちんと固めておけば、いろいろな機能を持つExcelを、しっかりと使うことができます。

もちろん結果的に作業効率も上がりますので、この基礎はぜひ押さえておきたいところです。
__________________________________________

Officeソフト講座

企業向けのパソコン研修を行っております。Excel、Word、PowerPointの各講座は、少人数でも対応しています。
入門編、応用編、その他ご要望に応じてアレンジします。

業務に必須!定番のOfficeソフト講座
企業向けExcel研修企業向けPowerPoint研修
詳しくはこちら >>企業向けパソコン研修

関連記事

Excelで1行おきに罫線を引くには?
Excelで空白行をまとめて削除したい
Mac版Excelでセルの編集をするとき

>>経営者の方限定!パーソナルITトレーナー|マンツーマンだから何でも気軽に聞けます
>> 品川区のパソコンサポートHBS|事務所のパソコン設定をお手伝いします

アップナレッジ